形而上的空想世界



ここまで来ました。
<< 抑止力 | main | 空から降ってくる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
君たちの自由な感性へ
いつからか嘘くさいくらいの秋の気配を感じてます

おばんでございます

センター試験まで99日みたいです
今日はそんなことは差し置いて最近聴いたCDのお話
何を聴こうか迷ってる方の指針になればラッキー、だが僕の狙い目ただ単に聴いての感性を話す人がいないので話すだけです

まず長らく待ちわびていた

People In The Box/Family Record

動悸が激しくなるほど期待し続け待ち続けたアルバム
フラゲした日のわくわく感はすさまじかった

このアルバムはタイトル通りFamily Record、家族の記録、旅の記録、生から死へといった感じ
音が今までよりポップスっぽくなったが、歌詞がまた素晴らしくなっている
一回目、聴いた時僕はその曲をもうずっと前から知っているような感覚に陥った
最後のスルツェイからどこでもないところまでの流れが本当に素晴らしい
JFK空港を聴き終わった後にくる不気味なまでの心の静けさ、そこに息をなくした潜水師がすっと入るかのように流れるどこでもないところ。最後にある旅行が終わるときにある言い得ない寂しさ

あとクリスマスソングがあったとかねww
これを口ずさめばクリスマスなんて怖くない、むしろこれを口ずさめる日が楽しみなくらいだ

ピープルを知ってる人はまた、知らない人は是非

あとは凛として時雨/still a Sigure virgin?とかヒツジツキ/rumpus roomとか
時雨がオリコン一位って本当に吃驚だよね
あと時雨の何かのポスターのピエールのTシャツがPerfumeである

ヒツジツキは前作に比べ爽やかになった
アルバムのコンセプトにあるとおりの「地下室から外の世界へ」ということ
こちらも素晴らしいです

あと少し今年の自分の本分である浪人生の話をするとすれば
やっとやっと数学が安定してとれるようになってきました
残された問題は国語と化学。倫理なんてどこかで詰め込めばいいんです
もう使わず家に残って使わない国語のセンター試験の過去問やマーチあたりの過去問を持っている方は是非譲ってください


次回の更新はおそらく来週の野音にてあるピープルのライブ、空から降ってくるを終えてからでしょう



ではでは


| 砂糖 翠 | 日記 | 19:43 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:43 | - | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 砂糖翠のたれながし
+ Booklog
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE